道新が残業代未払いとは驚きだね!!

道新が残業代未払いとは驚きだね!!

新聞社は、忙しいとは聞いていましたが、まさか残業代を支払っていなかったなんて、ちょっとびっくりです。

たしかに新聞記者の皆さんは、何か事件が起きたり、災害が起きたりすると、夜討ち朝駆けなんて当たり前、それが国民に素早く正しい成功を伝える新聞記者の使命だ!!なんて、残業代のことなんか、会社に言うのは、新聞記者としてあるべきではない、なんて思っていたのでしょうか?

新聞記者の方は、新聞の締め切り時間というのがあって、どうしても間に合わせなければならないと、必死で動き回っておられます。
良い記事を書くためには、あらゆる分野で見識を広めなければならず、調査や資料収集などで多くの時間を費やすことも多いことだろうと推察されます。

それ故、そのような仕事ぶりが常態化してくると、他の記者が何も言わずに黙々と仕事をしているのみ、自分が残業代を要求するのは、ちょっと言い出せない、なんて感覚に陥っていたのかもしれませんね。

それとも、「時便の能力が低いから、その分を残業で埋め合わせしている」ので、決して会社の業務ではない、なんてとんでもない感覚になっているのかも。

それでは、電通さんと同じになってしまうよね。
自殺者が出たって仕方がない環境になってしまいつつある、みたいな。


でも、この度東京で、発覚してよかっとよね。

これでやっとまともに仕事に対する報酬がもらえるし、何よりも、社会の企業内で起きている未払い残業の実態を、きちんとしたまともな目で調査し、場合によっては記事にできるようになるではないですか?


他の新聞社も、多かれ少なかれ同じような実態があるかもしれませんね。
もし、あるなら、早急に社内調査して、改めるところは改めたほうが、社会のために良いと思いますね。


スポンサーリンク















<北海道新聞社>残業代未払い 是正勧告受けて支給 
毎日新聞 5/23(火) 22:14配信
 ◇東京支社で延べ33人に132万円 全社員7割以上も支給

 北海道新聞社(札幌市)が東京支社の社員に残業代を払っていなかったとして、三田労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受け、延べ33人に未払い分の計約132万円を支給していたことが分かった。勧告を受けて同社が社内調査したところ、全社員の7割以上に計約2億8300万円の残業代未払いがあることが判明し、全額を支給した。

 同社経営企画局によると、勧告は昨年3月18日付。東京支社に昨年2月、労基署の立ち入り調査があり、2015年11~12月に残業代の未払いがあることが判明した。また社内調査の結果、14年2月~16年4月に全社員の7割以上、計1064人に未払いの残業代があることが分かったという。

 同社経営企画局は「今後は不払いが生じないようにしたい」と話している。【今井美津子】


この記事へのコメント