豊田真由子議員の眉毛はヒステリックでキレやすい人の特徴

豊田真由子議員は、自由民主党埼玉県連の衆議院議員です。
去る6月22日、元秘書に「ハゲ」とか「生きてる価値ないだろう」などと、暴言を吐いていたことで一躍有名になってしまいました。

豊田真由子.jpg


まさかこんなパワハラで有名になるなんて、本人も夢にも思わなかったことでしょうね。


豊田真由子議員は42歳ということで、まだまだはためには若い女性と言っても失礼には当たらないと思いますが、その若い女性が50歳過ぎの男性秘書をまるで、人間のクズのように罵ったといいますから、なんとなんと、驚きましたね。



自分は東大出ということで、人を馬鹿にしていたのでしょうか。

そんなニュースを驚きながら聞き、どんな顔をしている女性なんだろう?もしかして男性かもと思いながら写真を探しましたが、なるほど、いかにもヒステリックに見えますね。



こんな事件があったからと結果論で言っているのではありませんよ。普通に見て、なんの予見もなく見たとしても、眉毛がつり上がって起こっているように見えました。そんな印象を受ける女性に見えます。



豊田真由子議員には、全く失礼な話で申し訳ないのですが、あなたが面と向かって「ハゲー」というよりは、罪は軽いのではないでしょうか。



そこで、自分の印象が果たして間違っているのかどうなのかを、調べてみますと、なんと、かなり言い当てているではありませんか。


性格診断


あるサイトの見解は、
性格は顔に出る。
眉毛が上がって怖い顔をしている。
同じ眉毛の女上司はヒステリックだ。

豊田真由子002.jpg



スポンサーリンク













眉毛は太く男性的だ。生命力が強くエネルギッシュな性格だ。



必要以上に眉毛がうねり上がっている人はヒステリックである。
眉間が狭く他人の失敗を許せないタイプである。



眉毛が異常に練上がって目と眉毛の距離が広くなっておりケチで切れやすく、感情が冷めているという特徴がある。



というようにあまり印象良く書いているところはありません。



あえて、弁護するとすれば、彼女が育った家庭環境ではお父さんの暴言や暴力行為があったということと、現在の家庭環境でも2人のお子さんを抱えて、いろいろ大変な事がありストレスが溜まっていたのかもしれませんね。



しかし、この弁護にしても、一般女性に対してであって、衆議院議員という公職にある人の弁護には何の意味もないことです。



豊田議員は、どこかに入院して、隠れてしまっているようで、ほとぼりが覚めるまで待つということなのでしょう。



いずれにしても議員は続けられないのではないでしょうか?


この記事へのコメント