民進党の地方組織はどうなるのか?

勝手な話だが、民進党の地方組織はどうなるのでしょうね。
例えば、北海道の話ですが、国会議員は衆議院議員はその殆どが立憲民主党になってしまいました。
徳永エリ.jpg
参議院議員は選挙というイベントに直面しなかっただけに、そのまま民進党に残っている形だし、地方組織もまだ民進党北海道連がそのままの形で残っているようです。

しかし、民進党の北海道代表となった参議院議員の徳永えり氏の発言によれば、民進党は立憲民主党と希望の党の橋渡しだと言っています。

本来なら、政党の立場として「橋渡し」などという理念はあるはずもないから、すでに民進党としては、その基盤を失っていくことを、自らも含め覚悟しているような気がしてならない。

この度の衆議院選挙では、民進党の議員が全て立憲民主党の旗を掲げて戦い当選を勝ち取った。
このことを鑑みると、地方選挙を前にして、おそらく民進党の多くの地方議員は立憲民主党へ流れていくことは目に見えているし、今の民進党にはその流れを押しとどめるだけの力もないようです。

それが徳永えり代表の言葉にも表れているようです。

なにしろ、今まで民進党道蓮の代表は佐々木代表だったのだが、率先して立憲民主党に鞍替えしたのだから、残った民進党の議員も、どのような態度を取ったら良いのかわからないというところであろうと思います。

北海道においては、民主党、民進党、立憲民主党という流れで動いているというのが、我々道民の率直な観測だし、早いところ分裂、集合騒ぎに決着をつけて、わかりやすい政治地図にしてほしいものです。

スポンサードリンク










この記事へのコメント