えっ!!!日本銀行がデジタル通貨を発行??

ついに日本銀行も仮想通貨を発行?


先日世界の主要中央銀行6社が集まってデジタル通貨を発行する構想を話し合ったようだ。
イングランド銀行、スウェーデン中央銀行、スイス国民銀行、カナダ銀行などだ。

ただ、デジタル通貨の発行のためには電力料金がばかにならないし、地震の際にリスクが大きいという議論もあったとか?
でも、紙幣発行のほうが様々な面で金がかかるのははっきりしているのだが、当面は紙幣とか、硬貨とかと併用するということだろう。


世界はデジタル通貨発行の方向にかじを切っている

すでに中国がデジタル人民元発行の準備をしているし、スウェーデン中央銀行がEクローナーというデジタル通貨を発行するとも言っている。
ウルグアイの中央銀行だって、Eペソの発行を正式発表している。カンボジアの中央銀行なんかは2020年にデジタル通貨バコンの正式導入を発表している。

などなど、世界の個人間取引に仮想通貨が利用されてますます増えていく傾向にあることを、これ以上見過ごすわけにはいかないというのが本音であろう。同じ仮想通貨でも中央銀行発行の仮想通貨のほうが信用度が高いという自信もあるのであろう。



リブラの解禁は近い!!


Facebook等のグループが 発行を予定していたリブラは、もし発行されれば世界の利用者が24億人 を超えるとみられ、世界の通貨事情を一変させかねないということで、アメリカなどから自粛を要請され現在発行は保留されている状態にある。

リブラの発行が自粛されている間に各国中央銀行は、デジタル通貨を発行しようという動きになっているようだ。
その動きに一定のめどがつけばリブラの発行も認められるだろう。

その時期は極めて近いとみる。








この記事へのコメント